未分類

子どもが習い事を辞めたいと言い出した時どうする?

まず、習い事を辞めたい理由を子供自身に聞きましょう。こちらから決めつけると子供は、拒否反応するようになります。

しっかり子供の気持ちを聞き、そのまま受け止めてあげます。すると、子供は素直に自分の気持ちを表現します。

してはいけないことは、子供が話している時にさえぎって反対意見を言うことです。反対意見を言うことにより、子供は敵対視するようになります。

いったんそうなると、まったくこちらの話をきかなくなります。なぜなら、反対されると思うからです。

優しくそうなんだね、などと肯定しながら聞いてあげると、子供は味方してくれると思って、本音を話すのです。

話を聞くうちに、こうしたいの?とかどんな風にしようか?と子供に選ばせるように言葉を選びます。

自分で選ぶことによって、子供は素直に行動します。

辞めたい理由があるなら、どうしたら嫌じゃなくなるかを自分で考えさせるのです。

時間はかかりますが、無理に言い聞かせるよりも子供自身が納得して動くようになるので、後々子供自身が楽になります。

最初は、話をしたがりませんが、優しく聞くことで少しずつ口を開きます。

いったん受け入れてもらうことで、話しやすくなり、どんどん言葉が出てきます。

途中途中で肯定されたり、相づちを受けることで行動の話から気持ちの話に移っていきます。

嫌な気持ちを吐き出しきった子供は、促された今後どうしたいかを考えるようになり、それを素直に話始めます。

自分の意思で話すことで、その行動を自分のこととしていったん受け入れます。

なぜ行きたくないかがわかると、どうしたいのか、どうすれば行けるかがわかるようになってきます。

親から言われると反発しますが、自分から言うと素直に動けるようです。

また、そうだね、こうすればもっといいんじゃない?と付け加えた言葉には素直に返事をしてきます。

こうしなさいと言われると嫌がる事が多いのですが、自分の考えプラスアルファは受け入れやすいようです。

こうしたいんだね、じゃあ、そうしようかと最後にもう一言付け加えると、さらに素直に聞いてくれます。

最初は、話をしたがりませんが、優しく聞くことで少しずつ口を開きます。

いったん受け入れてもらうことで、話しやすくなり、どんどん言葉が出てきます。

途中途中で肯定されたり、相づちを受けることで行動の話から気持ちの話に移っていきます。

嫌な気持ちを吐き出しきった子供は、促された今後どうしたいかを考えるようになり、それを素直に話始めます。

自分の意思で話すことで、その行動を自分のこととしていったん受け入れます。なぜ行きたくないかがわかると、どうしたいのか、どうすれば行けるかがわかるようになってきます。

親から言われると反発しますが、自分から言うと素直に動けるようです。

また、そうだね、こうすればもっといいんじゃない?と付け加えた言葉には素直に返事をしてきます。

こうしなさいと言われると嫌がる事が多いのですが、自分の考えプラスアルファは受け入れやすいようです。

こうしたいんだね、じゃあ、そうしようかと最後にもう一言付け加えると、さらに素直に聞いてくれます。

親が苦手意識を持つと子どもも同じように苦手になってしまいます。

横浜市には子供の習い事はたくさんあるので本当に合ったものをみつけてあげたいですね。